staff

    

ネロリラ ボタニカ:神秘の水「ごろごろ水」②

取水したその日の夜に、早坂氏とシンシア・ガーデンチームで化粧水代わりにごろごろ水のみを使用し、他は何もつけずに寝たところ・・・翌朝のお肌がいつもよりもしっとりし、お肌の状態も良く驚きました。
その後も継続し使ってみたところ、高い保湿力を感じることができました。

ごろごろ水の水質は、身体にやさしい弱アルカリ性でミネラルも豊富です。

市販されている化粧品の構成は「水」の割合が多く、このブランドを立ち上げるにあたり、ベースとなる「水」にこだわりたいと考えていました。
私たちは、この性質や使用感と、呼ばれないとたどり着けない土地へ来れたご縁に感謝し、「ごろごろ水」をブランドのベースにすることを決め、開発テストを開始しました。

ネロリラ ボタニカ ブランドサイトへ




ネロリラ ボタニカ:神秘の水「ごろごろ水」①

ネロリラ ボタニカの主成分は、自然農法や有機農法で育った生命力あふれるオーガニック植物エキスと、海底泥や湧水などのマザーアースの恵み。
津々浦々の生産地を実際に訪ね、土地の力を感じられた成分だけを厳選しています。

 

まず最初に私たちが訪れた場所は・・・

すべてのアイテムに使用している「ごろごろ水」。
この水が湧き出る奈良県吉野郡天川村へ。

この天川村には、「呼ばれないとたどり着けない」と言い伝えられ、多くの著名人が訪れる「天河大弁財天社(てんかわだいべんざいてんしゃ)」通称「天川神社」があります。その傍らにある五代松鍾乳洞(ごだいまつしょうにゅうどう)の真下から湧き出る水が「ごろごろ水」で、昔から神秘の水として珍重されてきました。

ごろごろ水石碑

このプロジェクトの成功祈願と、地域の恵みを使わせていただくご挨拶に、天川神社に参拝をしました。ちょうどこの神社の恒例行事「七夕祭」が近いこともあり、私たちも短冊に願い事を。

参拝後、せっかくここまで来たのであれば・・・ということで、山の斜面にある鍾乳洞へも足を運びました。

この鍾乳洞は県の天然記念物に指定されており、奥行は200メートルあるそうです。
鍾乳洞の中は薄暗く、狭い場所や天井が低い場所が随所にあり、注意しながら進みました。
五大松鍾乳洞

ごろごろ水は、この鍾乳洞の中で長い年月をかけて石灰岩層で磨かれ、その流れる水の音が「ごろごろ」と聞こえるのが名前の由来だそうです。
そうして磨かれることで水の分子が小さくなり、吸収力が早く体の新陳代謝を高める効果があると言われています。

ネロリラ ボタニカ ブランドサイトへ




ネロリラ ボタニカ:KEYWORD

ブランドの立ち上げにあたって、じっくりじっくりコンセプトを練りました。
話合いを重ねる度にでてきたキーワードは、例えばこんな言葉たち。

マザーアース
LOVE MY SELF
わびさびキュン
身土不二
今の自分へ
地球
レスキュー
自分の中の宇宙
今の私からハッピーがはじまる
持ち歩く宝石
日本の洗練さ
持ち歩く宝石
どこか懐かしい


これらのキーワードを軸に整頓していくと・・・
『LOVE MYSELF
(レスキューコスメ=持ち歩く宝石)』

「マザーアースの恵み」・・・身体で感じること
「日本の精神」・・・心で感じること

早坂氏とシンシア・ガーデン。
ブランドを通して伝えたい共通の思いが浮かびあがりました。

キーワード

ネロリラ ボタニカ ブランドサイトへ




ネロリラ ボタニカ:新ブランドデビュー

ネロリラボタニカロゴ
10周年を迎えるシンシア・ガーデンは、オーガニックコスメ・アロマテラピーに造詣が深いトップメイクアップアーティスト早坂香須子と、心身のバランスを整え、大人の美しさをパワフルに高めるスキンケアブランド「ネロリラ ボタニカ」を発売いたします。


オーガニック・アロマに造詣が深く、多くの支持を集める早坂香須子氏


10周年を迎えるオーガニックスパサロン「シンシア・ガーデン」

数年かけゆっくり育ててきた「ネロリラ ボタニカ」。
全国の産地へ訪問し、現地の素材、人に触れ・・・たくさんの方の想いを寄せて生まれたブランドストーリー、開発秘話を、このブログを通じてお伝えしていきますので、ぜひご一緒にお楽しみいただけたらと思います!

ネロリラ ボタニカ ブランドサイトへ




ネロリラ ボタニカ:写真家・稲岡亜里子氏

ネロリラ ボタニカのキービジュアルは、NYで活躍し、現在は室町時代から551年続く京都の老舗蕎麦屋・本家尾張屋16代当主でもある写真家・稲岡亜里子氏の作品です。

きっかけは、ネロリラのキーワードであるマザーアースを表現するのに、アイスランドの風景がそれをイメージさせる、、という打合せ中の会話でした。
早坂さんより、「アイスランドで撮影を続けていて、作品世界が好きなカメラマンがいる」とご紹介を受け、京都のご自宅でミーティングさせていただきました。

何枚もの作品を見せて頂いた中で、全員一致で選んだものが今回のキービジュアルです。

アイスランドを舞台にした写真集『sol ARIKO』のカバーでもあるこの写真は、“大地の恵みと共に、心身ともに潤いと輝きに満ちた人生を” というネロリラボタニカのフィロソフィーをパワフルに体現してくれます。

訪問時は、本家尾張屋の美味しいお蕎麦もいただいて帰りました。


世界で活躍をしながら、日本の伝統を受け継いでゆく姿が輝きに溢れています。
亜里子さん、大切な作品をキービジュアルとして共有させていただき、ありがとうございました。

ネロリラ ボタニカ ブランドサイトへ




ネロリラ ボタニカ:佐賀県・唐津「ウンシュウミカン花水②」


5月初旬、いよいよ花摘みと撮影の日。
温州みかんの花は、毎年GWあたり、たった5日しか咲かない貴重なものです。撮影と同時に、出来る限りの花を摘みに気合十分で唐津を再訪しました。

畑に到着後、車から出た瞬間、あたり一帯にみかんの花の香りが私たちを迎えてくれました。

大自然の中で元気いっぱいに育つみかんの花の香りに癒される中、撮影も順調に。
畑と早坂さんの撮影は、砂原文氏に依頼しました。グリーンの中に、鮮やかな色が生え、みかん畑の中にいる早坂さんが絵になります!

お花を触る幸せそうな早坂さんの笑顔に、思わずスタッフも微笑む瞬間がありました。

撮影を無事に終えて、みんなで散歩しながら山を下りていきます。

途中、野花を見つけて真剣に品種を調べてみたり・・・
通りすがりに気づいた野イチゴを見つけて立ち止まってみたり・・・
自然の中で力強く生きる生命の強さを感じました。

翌日はあいにくの雨でしたが、雨天決行!
朝から耕作放棄地で、黙々と花を摘みます。

みかんの花は、花が開く寸前で摘み取るのがコツ。蒸留した花水が一番甘くて良い香りがするからです。

一緒にプロジェクトを進めている、JCC唐津の皆さんとアルデバラン暮部さんと一生懸命摘んだのですが、それでも理想の量は摘み切れず。

別日に、唐津市の皆さんや地元の高校生の皆さんが、町おこしの一環で花摘みを手伝っていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

摘んだ花を蒸留器ににかけ、芳香成分を取り出し、ネロリラ全アイテムに配合しています。
1年でたった5日間しか咲かないミカンの花。日本の大地で育った馴染み深い柑橘花の香りは、どこか懐かしく清らかです。
それぞれ、ローズやゼラニウムをブレンドし、あの唐津のみかん畑で香った摘み立ての花の香りを再現しています。思わず笑顔になる、本当に素晴らしい香りのアイテムたちが出来上がりました。

 
ネロリラ ボタニカ ブランドサイトへ